ネクタイから受ける印象を考える - 生地から個性を感じさせるネクタイと最適なシーン

生地から個性を感じさせるネクタイと最適なシーン

  • ネクタイから受ける印象を考える

    • 学生の頃のネクタイは制服としてセットになっていたのでそれほど難しく考える事もありませんでしたが、社会人になってからはスーツ一式も自分で用意するので密かにこれでいいのかと悩むこともあるでしょう。

      ビジネス視点でネクタイの情報が必要な方必見です。

      周囲の人の着こなしを見ていても、いろんな印象を受けるのではないでしょうか。

      ネクタイ一つでも、かなり印象が変わるというのは自分自身でもよく分かるのではないでしょうか。



      あの人は素敵だと思ったら、何となくスーツと合っていないようなちぐはぐな印象を受けたりもします。
      着用シーンでも、プライベートなのかそれともビジネスなどの真面目なシーンで着用しているのかでも選ぶのを変えるだけでがらりとその人自身の見方が変わってくるのです。

      意外とマナーと密接してるのがネクタイの存在です。



      販売されているものは黒や灰色、赤や青、グリーンというように様々なカラーがあり、柄物も加えれば相当な数があります。

      例えば、ビジネスシーンでは青や水色が多いですし、黄色だとカジュアル気味なのでビジネスでは避けたい色となります。

      赤系は色が示すとおり活発さを感じさせてくれますが、濃い目の落ち着いた色だと安心感も出てくるので同じ色でも印象が変わってきます。癒しの色である緑はトラブルを避けたい時などにもよくおすすめされる色です。いろんな物がありますので、つい値段だけ見て無難なものを探してしまうという方は、スーツやシャツなどの全体のバランスを見て、自分が与える印象も考えて選んでみて下さい。


top